体験施設一覧
  • グリーン・ツーリズムについて
  • 体験施設一覧
  • 推進組織
  • 推進事業
  • 関連リンク
  • お問い合わせ

【12/19(火)PM】「農泊」に係る説明会について(関東農政局主催)

10年後、20年後に、地域が自立して、持続していくために、「農泊」に取り組んでみませんか。

 

どの地域にも、「地域資源」はあります。

農村での癒やしを求める人、日本ならではの生活体験を求める外国人観光客にとって、

ありのままの生活・農村の人々との交流が、貴重な観光資源として、注目を浴びています。

まずは地域の特性をしっかり理解して、「総合力」で地域を売っていくことが重要です。それぞれの力は小さくても、さまざまな要素を組み合わせることで、大きな力になります。それが、田舎の力!!

 

まずは一度、こちらをご覧ください。

農林水産省では、農林水産省maffチャンネル(外部リンク)でインバウンド(訪日外国人旅行客)向けの農泊PR動画を公開しています。

また、農山漁村振興交付金(農泊推進対策)では、地域一丸となって農泊を進めるための取組について、ソフト・ハードともに支援しています。

 

今回は、関東農政局の方にお越ししいただき、農泊を取り巻く情勢、農泊推進のポイント、そして農山漁村振興交付金について、説明をしていただく予定です。

少しでも、興味をお持ちの方は、ぜひ、お越しください。

 

●農泊推進キャラバン(群馬県会場)

日  時  平成29年12月19日(火)13:30~16:30

場  所  前橋合同庁舎 地域防災センター2階(前橋市上細井町)

 

(関東農政局HP)

http://www.maff.go.jp/kanto/nouson/shinkou/nouhaku/nouhaku.html

 

出席を希望する場合は、上記HPより、申込書をダウンロードしていただき、

関東農政局へ直接(できればFAXにて)お申し込みください。

申込〆切は12/15(金)です。

 

 

地域を、テーマパークに!!

 

 

ぐんまの農業農村整備

グリーン・ツーリズム デジタルパンフレット

「グリーン・ツーリズム」は、農山村地域において自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動で、長期バカンスを楽しむことの多いヨーロッパ諸国で普及した旅のスタイルです。自然豊かな農山村や歴史と伝統ある地域にゆっくりと「滞在」し、農作業や地域の自然、生活、文化等を「体験」し、とても大切なこととして、訪れる側と受け入れる地域の人々とのふれあい等の「交流」を楽しむ。中にはその地域に第二のふるさとを見いだし、ファンになり、幾度も足を運ぶうちに「定住」してしまう人も出てくる。こうした余暇の楽しみ方です。