体験施設一覧
  • グリーン・ツーリズムについて
  • 体験施設一覧
  • 推進組織
  • 推進事業
  • 関連リンク
  • お問い合わせ

11/24日(日)は家族で中之条町入山へ!「秘密基地を作ろう」 (終了)

NPO 法人 浅間・吾妻エコツーリズム協会からイベントのご案内です♪

「秘密基地をつくろう~親子で作るツリーハウス」


■秘密基地を作ろう!~親子で作るツリーハウス
http://ecotourism.or.jp/aes_action/treehouse20131124.html

今年最後の森遊びは、一度は作ってみたい『秘密基地』に挑戦します。
中之条ビエンナーレ常連の芸術家、スタン・アンダソン氏
(暮坂在住アメリカ人)の指導の下、丸太をロープでくくったり、
ターザンブランコをかけてみたり。ツリーハウスができるのか、
野人小屋になるのか?!ご家族のチームワークの見せどころです!

【日程】
 平成25年11月24日(日)9時~16時

【会場】
 「花楽の里」の“うらやま”
 〒377-1701 群馬県吾妻郡中之条町入山4046‐2
 TEL:0279-80-7123 (花楽の里)
(地図)http://www.mapion.co.jp/m/36.60574787_138.66378558_6/

【対象】
 子ども(小中学生)がいる親子、又は家族
 (大人だけのお申込みはご遠慮ください。)

【募集人数】
 先着30名様(最大15組)

【参加費】
 子どもは無料!高校生以上は一人500円

【持ち物】
 飲み物、手袋、帽子、動きやすい靴、防寒服、雨具、ゴミ袋、
 昼食(できれば付近の食事処をご利用ください)、
 あればマイノコギリ、マイナイフ

【主催】
あがつまエコツーリズム協会

=========================

☆ 講師 スタン・アンダソン 氏(彫刻家・芸術家)

《プロフィール》
1947年アメリカ合衆国ユタ州ソルトレイク・シティ生まれ。
70年代からしばしば日本を訪れ、80年代以降、日本に在住し、
環境との交わりをテーマに、木や自然素材を用いた立体作品
を発表する。2004年に旧六合村に移住。作品制作やさまざまな
場所での屋外ワークショップ等、精力的な活動を行っている。
2009年群馬県立近代美術館で行われた、
「東西南北天と地──六合の一年」は記憶に新しい。

=========================

☆ お申し込み方法
 以下のオンライン予約ページより、必要事項を入力し送信してください。
 http://ecotourism.or.jp/cgi/aes_action_post/postmail.html

☆ お問い合わせ、お申し込み先
 〒377-1524 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原932‐A
 NPO 法人 浅間・吾妻エコツーリズム協会 赤木道紘まで
 TEL/FAX:0279-97-1216 携帯080-5655-3009
 Eメール:info@ecotourism.or.jp

※ 材料・器具等の準備のため、キャンセルはなされませんようにお願いいたします。
  (キャンセルの場合は参加費全額をいただきます)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■前日、11月23日(土)に、そば打ち体験はいかがですか?

暮坂高原で育った新そばを、ご家族皆さんで打って食しませんか?
そば打ち道具あり、打ち方も指導します。

≪そば打ち体験会≫
 日程:11月23日(土)13~16時
 料金:1,000円(そば1kg)
  ※ お持ち帰り可能です。
  ※ その場で食べる場合は、別途材料費がかかります。
 会場:生須公民館(吾嬬橋近く)
 http://www.mapion.co.jp/m/36.597200784907635_138.63509220845987_8/
 申込み先:山本茂 TEL 0279-95-5568
 申込〆切:11月15日まで

◎そば体験は6月の種蒔きから栽培、秋の収穫、そば打ち、
 食事会…と一年間、栽培と山里の生活を体験することが
 できます。ぜひ、一年間中之条町生須に通ってください!

ぐんまの農業農村整備

グリーン・ツーリズム デジタルパンフレット

「グリーン・ツーリズム」は、農山村地域において自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動で、長期バカンスを楽しむことの多いヨーロッパ諸国で普及した旅のスタイルです。自然豊かな農山村や歴史と伝統ある地域にゆっくりと「滞在」し、農作業や地域の自然、生活、文化等を「体験」し、とても大切なこととして、訪れる側と受け入れる地域の人々とのふれあい等の「交流」を楽しむ。中にはその地域に第二のふるさとを見いだし、ファンになり、幾度も足を運ぶうちに「定住」してしまう人も出てくる。こうした余暇の楽しみ方です。