体験施設一覧
  • グリーン・ツーリズムについて
  • 体験施設一覧
  • 推進組織
  • 推進事業
  • 関連リンク
  • お問い合わせ

【活動報告】やま・さと応縁隊☆群馬大学-中之条町 入山☆

平成24年度 群馬県やま・さと応縁隊

群馬大学 教育学部

活動地域:中之条町 入山(根広集落)

担当教員:齋江 貴志、林 耕史、喜多村 徹雄

テーマアート・デザインによる地域の再創出と情報発信

 ♣目的集落での調査を基に、アートデザイン活動を通じて新たな産業や文化を創出・再発見して情報発信します。そして、都市部の人々に当該地域へと足や目を向けてもらうことで、地域再生への新たな流れを生み出すことを目的とします。

 

9月2日(日)~4日(火)
第2回目


伝統的な工芸品であるこんこんぞうりづくり体験をしました。

  こんこん草履作り  

  

 

すげむしろの製作体験もしました。 

 

 

第1回目の調査での集落で得た感想を住民のみなさんに向けて発表しました。そして、交流会も開催しました。

  

 

集落の歴史や日常生活に関するインタビューなど、集落の調査活動を行いました。

     

 

住民の皆さんには気軽に質問に応じていただき大変ありがとうございました。

 


8月11日(土)~12日(日)
 
第1回目

    こんこん草履を履いてみました。   

   地元の女性に教わりながら、こんこん草履作り体験をしました。こんこん草履は、スゲで編んだ草履です。スゲという草を温泉に浸して、足で踏んで柔らかくしたものを使っています。   

   いんげんの収穫に挑戦です。

  

  みんなで今後の計画について話し合いました。      

ぐんまの農業農村整備

グリーン・ツーリズム デジタルパンフレット

「グリーン・ツーリズム」は、農山村地域において自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動で、長期バカンスを楽しむことの多いヨーロッパ諸国で普及した旅のスタイルです。自然豊かな農山村や歴史と伝統ある地域にゆっくりと「滞在」し、農作業や地域の自然、生活、文化等を「体験」し、とても大切なこととして、訪れる側と受け入れる地域の人々とのふれあい等の「交流」を楽しむ。中にはその地域に第二のふるさとを見いだし、ファンになり、幾度も足を運ぶうちに「定住」してしまう人も出てくる。こうした余暇の楽しみ方です。