グリーン・ツーリズムについて
  • グリーン・ツーリズムについて
  • 体験施設一覧
  • 推進組織
  • 推進事業
  • 関連リンク
  • お問い合わせ

グリーン・ツーリズムについて

グリーン・ツーリズムとは

「グリーン・ツーリズム」は、農山村地域において自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動で、長期バカンスを楽しむことの多いヨーロッパ諸国で普及した旅のスタイルです。自然豊かな農山村や歴史と伝統ある地域にゆっくりと「滞在」し、農作業や地域の自然、生活、文化等を「体験」し、とても大切なこととして、訪れる側と受け入れる地域の人々とのふれあい等の「交流」を楽しむ。中にはその地域に第二のふるさとを見いだし、ファンになり、幾度も足を運ぶうちに「定住」してしまう人も出てくる。こうした余暇の楽しみ方です。

日本においては、近年は、市民農園、田植え・稲刈り等農作業への参加等の農業・農村体験から、学校教育を通じた体験学習、産直等農産物の販売やふるさとまつり等のイベントまで、広く都市農村交流一般を指すことが多くなっています。

滞在、体験、交流そして定住

グリーン・ツーリズムを分かりやすく表現すれば、「滞在、体験、交流そして定住」ということができます。しかし、その楽しみ方は決して一様ではなく、極めて多様で、個性的、個人的なものです。人それぞれの好みと受け入れる側の地域や人々の特性により、あらゆる形の楽しみ方があり得ます。長く泊まって色々な体験をするパターンから、そば打ち体験や農業体験だけというパターンなど様々な形が可能であり、体験なしの滞在だけというケースも少なくありません。

連携による多彩なメニューの提供

受け入れる側としても、滞在、体験、交流についてその地域の自然や伝統文化に根ざしたものとなるよう工夫し、メニューを充実させることが必要です。しかし、一つの施設で滞在、体験、交流の機能をすべて備えていることは希であり、地域において、宿泊施設と体験施設、交流イベント等が様々に「連携」して一連のサービスを提供するということがより重要となってきます。また、農家レストランで提供される地元の食材を食べることを楽しみに訪れる人もいるでしょうし、農作業体験に来た人が地域の祭りに参加したり、市町村の住民交流イベントと地域での宿泊をセットにして提供するということもあります。地域全体で様々な「連携」を作り上げ、幅の広いグリーン・ツーリズムのメニューを提供することにより、その地域のグリーン・ツーリズムをより幅の広いものにすることができます。

グリーン・ツーリズムのフィールド

グリーン・ツーリズム実践のフィールドは、自然に恵まれた、なつかしさあふれる風景を持つ農山村地域が中心となりますが、いわゆる農山村地域のみならず、都市部においても、優れた自然を有する地域、歴史や伝統・文化などを大切に継承している地域等においても、グリーン・ツーリズムの取組は十分可能です。

つまり、県全域で、この活動にふさわしい地域、この活動を理解している人々がいる地域すべてがフィールドとなり得ます。

都市農村交流とグリーン・ツーリズム

近年は、農山村のもつ美しい自然景観、農産物、伝統文化などへのふれあいを求めて、都市の人たちが農村へ多く訪れています。これに対して、高齢化、担い手不足に悩む農山村では、グリーン・ツーリズムなどの都市農村交流が地域の活性化方策の一つとして期待が高まっています。

本県では、従来から、農協を中心にした取組みや姉妹都市提携などを基軸とした取組み、集落や有志グループによる共同受入など、地域で様々な特色あるグリーン・ツーリズムの取組みが行われています。

県では

  • 本県の有する自然、田園の美しい景観や環境等と調和し、これを生かす
  • ふるさとの良さを認識し、地域づくり・県づくりに結びつける
  • 本県農山村地域の様々な地形・自然条件や特色ある風土、伝統、文化など、その多様性を踏まえた取組みを行う
  • これまで蓄積されてきた個性的かつ独自性ある取組みを継続し、更に発展させていく
  • 農と観光との連携を図るとともに、温泉や既存観光地を含め、本県の有する観光資源を視野に入れた取組を行う

ことなどにより、「ぐんまらしいグリーン・ツーリズム」を推進し、各地域が元気で個性あふれる地域に発展し、そのことで群馬県全体の良さを高めていきたいと考えています。

ぐんまの農業農村整備

グリーン・ツーリズム デジタルパンフレット

「グリーン・ツーリズム」は、農山村地域において自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動で、長期バカンスを楽しむことの多いヨーロッパ諸国で普及した旅のスタイルです。自然豊かな農山村や歴史と伝統ある地域にゆっくりと「滞在」し、農作業や地域の自然、生活、文化等を「体験」し、とても大切なこととして、訪れる側と受け入れる地域の人々とのふれあい等の「交流」を楽しむ。中にはその地域に第二のふるさとを見いだし、ファンになり、幾度も足を運ぶうちに「定住」してしまう人も出てくる。こうした余暇の楽しみ方です。